高速モバイル

新しい高速モバイル情報

現実問題として

情報通信機器の進歩はすべてバッテリーの小型軽量化に負うところが多いといわれている。
また、モバイルWi-Fiルーターだと複数の機器を同時に使いさらにケーブルもいらないといったように、とても使いやすくなっている。
また、無線接続に伴う料金んについても複数台が別々に接続するよりは安くすますことができる。

通信エリアの範囲については、今ではどの高速モバイル接続会社も人口カバー率99%をうたっている。
今では、人口100万人以上の政令指定都市はほぼ100%のカバーしているようである。
コレを読んでくださっている皆さんの手掛かりやキーワードとして幾つかのモバイル通信業者と機器を記しておきます。首都圏の地下鉄の駅で1番目立つステッカーは【お父さんワンコ】のキャラクターで有名な【ソフトバンクモバイル「ULTRA WiFi 4G」】だろう。

これは携帯電話用の基地局があり、いろいろな周波数を受信可能となるアンテナと送受信機器を備え付けることと、強烈な【お父さんワンコ】のイラストをステッカーにしているものだが、プラチナバンド解禁=ソフトバンクモバイル株式会社が2012年7月より始めたサービスの名称である。
このプラチナバンドは、周波数帯域の700MHz〜900MHzがメインとなる極超短波の帯域のことである。
ケータイ会社へ再度割り当てが進行している700MHz、900MHzの空いている帯域を意味することが多い。

この極超短波の特徴は、一度にできる通信の情報量が多いこと。
また、割と小さい送受信設備でも利用かできること。
障害物にたいしても割りと迂回して通信ができる伝わることができる。
なので、良質な周波数帯域なのである。
なので、価値がそれだけあるということでプラチナバンドといわれているようである。

我が家では無線LANと無線WAN

管理人

(C) どれが凄いの?高速モバイル All rights reserved.